専業主婦でもキャッシングを行うことができる?総量規制と配偶者貸付について

キャッシングが利用できる条件

カードローンのような無担保キャッシングを利用するには、原則的に本人に収入が必要です。

消費者金融には総量規制が適用される為、借入れを行えるのは年収の1/3までになります。専業主婦のように年収がゼロの場合、その1/3もゼロになってしまい、この総量規制によって借入れは行えません。

総量規制の図

銀行は総量規制の適用外ですが、返済については消費者金融より厳しく審査される傾向があるので、収入がない人ではカードローンの契約は行えません。

配偶者貸付とは?

配偶者貸付

では、収入のない専業主婦ではキャッシングは利用できないのかというと、実はそうでもありません。

定期的に収入のある配偶者(夫)がいる場合、その配偶者の収入を頼りにした借入れを行うことができます。これを配偶者貸付をいい、専業主婦の場合はこの制度を利用した借入れであれば、行うことが可能です。

配偶者貸付とは、総量規制の中の例外として設けられた制度です。この制度を利用すれば、本来、総量規制の対象となり専業主婦の借入ができない「消費者金融」での専業主婦の借入が可能になります。

引用 専業主婦でも借りられる!安心のカードローン・キャッシング

ですが、消費者金融ではこの配偶者貸付を利用した融資はまず行っていません。消費者金融から借入れを行うには、本人の収入が不可欠です。

銀行の場合、本人に収入がなくても、この配偶者貸付を利用した借入れを受けることができます。よって、収入のない専業主婦は銀行のカードローンを利用しましょう。

専業主婦が借入れを行える金額

専業主婦がこの配偶者貸付で借入れを行える金額は、30万円までのことがほとんどです。
これは配偶者である夫の収入が多い場合でも同じで、これが収入のない人に対して融資を行える限度だと考えてください。

配偶者貸付を利用して契約を行うには、夫の年収を勤務先を申請する必要がありますが、その勤務先に確認をすることや、夫に連絡をするようなことはありません。
契約を行うのはあくまで本人なので、夫の年収などは参考程度です。いくら収入が多い場合でも、そのうち本人が自由に使える分はまた別の話です。30万円であれば、専業主婦でも何とか返済できる範囲だと考えている為です。

銀行によって対応が異なりますが、この配偶者貸付での契約を行う場合、夫の同意書や住民票が必要になることがあります。
同意書は必要のない銀行も多いですが、住民票はまず必要になると思ってください。それは、公的な書類によって夫との婚姻関係を証明しないといけない為です。

返済は本人が行わなくてはいけません

専業主婦が配偶者貸付を利用して借入れを行った場合でも、契約は本人の名義です。返済もきちんと本人が行う必要があります。

もし返済を遅延してしまうようなことがあっても、夫にその連絡をすることはなく、代わりに返済を求めるようなこともありません。ですが、自宅に連絡があったり、郵便物が届くことはあるので、夫の同意を得ずに契約を行った場合、それによってカードローンの利用が発覚してしまう可能性があります。

そのようなことがない為にも、返済は本人が責任もって行ってください。

審査のハードルの低さを求めるなら有名な消費者金融を

急にお金が足りなくなってしまったな。どうにかして調達しなければいけない。だけど、お金を融通してくれる友人もいないし消費者金融なんて使ったこともない。キャッシングって本当に使いやすいのかな・・・。

9h9

このような不安を感じる人も多いと思います。困った時にはキャッシングを利用してください。有名な消費者金融なら審査が簡単で、申し込んですぐにお金が借りられます。

キャッシングを申し込んだのにもかかわらず、審査に落ちてしまった。申し込んで何日も待っていたのに、審査に通らなくて悔しい思いをした。このような方もいます。審査に通るかどうかは不安なところですよね。

プロミスやアイフルなどの審査状況は?

promiss

プロミスやアイフル・レイクなど、有名な消費者金融の審査状況をみていきましょう。たいていの場合、定期的な収入のある人なら、よほどのことがない限り審査に通っています。アルバイトやパートの方でも定期的な収入があれば、問題なく審査に通れます。

正社員でなくても、派遣社員でも大丈夫です。公務員でも正社員でもないからお金が借りられないと諦めないでください。定期的な収入がある方ならアルバイト・フリーターでも大丈夫です。

有名どころの消費者金融なら審査の速さも魅力的。即日融資と言われるくらいにスピード速い審査です。申し込んで、その日に審査が終わってしまいます。一般的な貸金業者ならあり得ないスピード。これならお金が足りなくなった時に、すぐにカードが発行されてお金を手にできます。

お金借りたい、と思った時に、キャッシングを利用したことのない方は、ぜひ申し込んでみましょう。スピードの速い審査のおかげで、ピンチを脱出するのも早いです。

多くの人が、プロミスやアイフルレイクなどの有名なキャッシングを利用しています。お金がないと悩んでいてもらちが明きません。思い切って申し込みをしてみましょう。意外と簡単に借りられて、悩むだけ損だった、ということはわかるはずです。

キャッシングやローンの活用術~使い方次第で費用を圧縮することも可能に~

キャッシングやローンを利用することに抵抗感を感じる方も多いと思います。ところが実際の銀行預金を引き出すよりも、短期間のキャッシングを利用した方がお得なこともあります。

例えば土曜に急に1万円が必要になったとして、ATMで預金を引き出すとします。

10000円

この場合最低でも108円のATM手数料がかかることが多いです。月曜に入金した場合、3日で108円ですので、1日あたりのコストは36円ということになります。

これを仮に年18%金利での借入をした場合年利は1800円ですので、365で割ると4.93円、1日あたりのコストはATM利用手数料がかからない場合、約5円ということになります。

そうすると、預金を手数料を支払って引き出す場合と、キャッシングで3日間利用をした場合では、1日あたりのコストは約30円、3日で実に90円の節約になるという結果になります。

土曜に借りて月曜に返済する場合、キャッシングの方が手数料が安くなるという結果になります。

クレジットカードの金利手数料を下げる

また、キャッシングはしたくないという方でもショッピングの利用でクレジットカードを利用されている方は多いと思います。

クレジットカードの場合、1回払い、2回払いまでは利息がつかず、リボルビング払いの場合ポイントが優遇される代わりに分割手数料がかかるということが多いです。全ての支払いをリボルビングにした場合、年会費優遇などの特典が受けられるカード会社もあります。

この場合、何か買い物をするときに一旦リボルビング払いになるように設定をしておき、後で繰り上げ返済をして翌月1回か2回払いにした場合、リボ払いの特典を受けながら金利手数料の負担がないか、少額に抑えることが可能になります。

もちろん収入にあった支払い計画を立てることが重要ですが、使い方次第ではキャッシングやカードローンのサービスを利用することで、お得な場合もあるのです。

セブン銀行カードローンのメリット

最近のキャッシングサービスやカードローンサービスはコンビニATMなどでいつでも利用できる便利な商品が増えているので、契約をしておけばイザという時にとても役立つので、当面お金に困っていないという人でもお守り代わりにキャッシングやカードローンを契約する人が増えています。

これらの便利な金融サービスはインターネットを通じての契約も可能ですし、条件さえ整えば申し込みをしてからの即日融資さえも可能なのです。

消費者金融や銀行が魅力的な商品を数多く取り扱っていますが、それぞれの商品には独自色があります。もしも簡素な申込手続きで使いやすいカードローンの契約がしたい、急にお金が必要になったので急いでキャッシングをしたいとお考えであれば、セブン銀行カードローンが一押しとなります。

seven

セブン銀行カードローンは大手インターネット銀行として名を馳せているセブン銀行が取り扱っているカードローンサービスで、セブンイレブンに設置されているATMが手数料無料で利用できるという特徴があります。

セブン銀行のキャッシュカードとローンカードが一体になっている

またセブン銀行のキャッシュカードとローンカードが一体になっているので、管理しなければいけないカードの枚数が増えず楽ですし、銀行のローン商品の一種に分類されるので総量規制対象外のサービスにもなっているのです。

申し込みの際の条件は、セブン銀行の預金口座を持っていることと20歳以上70歳未満であること、安定した継続収入があること、となっているのでアルバイトやパードでも申し込みができますし、学生や主婦の申し込みも大丈夫となっています。

加えて、セブン銀行カードローンの一番の特徴として紹介したいのが審査が簡素化されている点と審査スピードが早い点になります。

セブン銀行カードローンの申し込みはインターネットを通じて行なうのですが、原則書類の提出は不要ですし、審査回答は最短で10分でもらえるのです。ぜひセブン銀行カードローンを上手に利用してみてください。

カードローン借り換え時における審査の注意点について

急な出費等で、現金が必要となる場面は非常に多くあります。

そこで便利なのがカードローンですが、意外な事に注意しなければ審査を通過できない場合があることはあまり認識されていないと思います。審査を通過しない方には、『借金がゼロなのに』とか『他社からの借入額が少ないのに』とかお考えだと思います。

sknsp

しかし、重要な事が忘れられています。そもそも、クレジットカードのキャッシングやカードローンは個人情報信用機関の情報を元に審査を行っています。

JICCとCICそしてKSCのカードローン審査について

一般的に日本ではJICCとCICそしてKSCの3つの機関が存在します。特にKSCは銀行系カードローンの審査に使用され何らかの事故情報が合った場合、審査は通過しません。また事故情報は約10年保管されます。こちらは余程のことが無い限り問題にはなりません。

しかし、クレジットカードやローン会社はJICCまたはCICの登録情報を元に審査を行います。ここが一番危険なのです。現在、携帯電話やスマートフォンは非常に高額なため、割賦購入される方が非常に多くいます。実は、この割賦購入においてもJICCまたはCICの登録情報を利用しています。

割賦購入出来ない方は、キャッシングやカードローンの審査通過は不可能です。また、多くの方が気を付けなければならないのが、携帯電話料金の支払い遅延です。

1度支払い遅延があると次の支払いまで個人情報信用機関にその情報が登録され、次の支払いまで更新されません。この間に、審査を行った場合は審査が通過する確率は下がります。また、支払い遅延を何度も繰り返したり、3ヶ月異常の滞納が一度でもあるとその情報が、事故情報として約6年間保管されてしまい、審査を通過することが出来なくなります。

この携帯電話の料金は、割賦購入が含まれているため、事故情報として記録されてしまうわけです。また、口座残高の不足など意外にありがちであり、心当たりのある方は自分の情報開示請求を行い確かめる必要がありあす。また、明らかに支払い遅延をしたことが記憶にある場合は、6年以上は審査をしないことをオススメします。