専業主婦でもキャッシングを行うことができる?総量規制と配偶者貸付について

キャッシングが利用できる条件

カードローンのような無担保キャッシングを利用するには、原則的に本人に収入が必要です。

消費者金融には総量規制が適用される為、借入れを行えるのは年収の1/3までになります。専業主婦のように年収がゼロの場合、その1/3もゼロになってしまい、この総量規制によって借入れは行えません。

総量規制の図

銀行は総量規制の適用外ですが、返済については消費者金融より厳しく審査される傾向があるので、収入がない人ではカードローンの契約は行えません。

配偶者貸付とは?

配偶者貸付

では、収入のない専業主婦ではキャッシングは利用できないのかというと、実はそうでもありません。

定期的に収入のある配偶者(夫)がいる場合、その配偶者の収入を頼りにした借入れを行うことができます。これを配偶者貸付をいい、専業主婦の場合はこの制度を利用した借入れであれば、行うことが可能です。

ですが、消費者金融ではこの配偶者貸付を利用した融資はまず行っていません。消費者金融から借入れを行うには、本人の収入が不可欠です。

銀行の場合、本人に収入がなくても、この配偶者貸付を利用した借入れを受けることができます。よって、収入のない専業主婦は銀行のカードローンを利用しましょう。

専業主婦が借入れを行える金額

専業主婦がこの配偶者貸付で借入れを行える金額は、30万円までのことがほとんどです。
これは配偶者である夫の収入が多い場合でも同じで、これが収入のない人に対して融資を行える限度だと考えてください。

配偶者貸付を利用して契約を行うには、夫の年収を勤務先を申請する必要がありますが、その勤務先に確認をすることや、夫に連絡をするようなことはありません。
契約を行うのはあくまで本人なので、夫の年収などは参考程度です。いくら収入が多い場合でも、そのうち本人が自由に使える分はまた別の話です。30万円であれば、専業主婦でも何とか返済できる範囲だと考えている為です。

銀行によって対応が異なりますが、この配偶者貸付での契約を行う場合、夫の同意書や住民票が必要になることがあります。
同意書は必要のない銀行も多いですが、住民票はまず必要になると思ってください。それは、公的な書類によって夫との婚姻関係を証明しないといけない為です。

返済は本人が行わなくてはいけません

専業主婦が配偶者貸付を利用して借入れを行った場合でも、契約は本人の名義です。返済もきちんと本人が行う必要があります。

もし返済を遅延してしまうようなことがあっても、夫にその連絡をすることはなく、代わりに返済を求めるようなこともありません。ですが、自宅に連絡があったり、郵便物が届くことはあるので、夫の同意を得ずに契約を行った場合、それによってカードローンの利用が発覚してしまう可能性があります。

そのようなことがない為にも、返済は本人が責任もって行ってください。